ヘッダー画像

結婚式余興

誰のためにするのかを考える結婚式余興

感動する結婚式余興ランキングでは、ゲストにとっても披露宴の中で楽しむことができる豪華なイベントですし、新郎新婦にとっては結婚式全体のイメージを左右するほど重要なイベントですので、任された側は色々なことを考慮して準備にあたる必要があります。 まず、結婚式余興のネタや歌を依頼されたときには新郎新婦に希望する内容があるかどうか、決まっていないときにはどういったものを期待しているのか、必要時間はどれくらいかなどを確認しておくと良いでしょう。 希望する内容が決まっている場合には、おおよその方針が決まっていますので、メンバー間で連絡を取って準備や練習を進めることができますが、希望する方向性だけが決まっている場合には、感動させたいのか、笑わせたいのかなどのイメージを確認し、上品にしたいのか、万人受けするものにしたいのかなど細かいイメージを聞いてから案を出すと良いでしょう。 また、どれくらいの時間が使えるのかも重要なポイントです。 一般的には一組当たり10~20分程度の時間が用意されていますが、複数のゲストが結婚式余興をする場合には、やはり一組あたりの歌の時間は限られてしまいます。 この他にも、結婚式のプログラム内でどのタイミングでネタをするのか、ゲストの年代や新郎新婦との関係、人数はどうなっているのか、持ち込みができる会場か、機材等の必要なものはどういったものがあるか、会場でリハーサルができるのか、照明や音響などは自分たちでやるのか、会場のスタッフがサポートしてくれるのか、余興を専門的に行っている会社に依頼しても良いか、その場合には費用負担は新郎新婦とゲストのどちらになるのかなどもあらかじめ確認しておくと、トラブルを防ぐことにつながります。

時間とスケジュールを結婚式余興は確認する

代行会社は依頼者の希望に従ってプロのスタッフが全て行ってくれるタイプもありますし、この映像の編集などの一部のサポートをしてくれるタイプもありますので、事前にどこまで依頼するのか、予算がどれくらいになるのかなども資料を集めておきましょう。 結婚式余興で楽しめるネタを希望されている場合でも、感動してもマナーとして避けるべき歌のポイントがいくつかあります。 まず、忌み言葉は結婚式ではネタとして使用することもできませんので、事前に調べて使わないようにしましょう。 見落とされがちなのが、誰でも知っている曲を選んだつもりが、「失恋」や「恋人、配偶者との別れ」に絡む言葉を使用していたというケースです。 洋楽の場合には特に、英語で気づきにくいというリスクがありますので、結婚式余興は事前にタイトルや歌の内容をランキングで調べておきましょう。 次に、楽しめるないようにしても、結婚式の進行に影響を及ぼすようでは本末転倒です。 結婚式余興に使うことができる時間はきちんと守り、披露宴のリハーサルで時間内に納められているネタかを確認しておきましょう。

完全な身内ネタの結婚式余興は寒い

また、内輪ネタに走ってしまう結婚式余興も多いですが、披露宴では新郎新婦の友人や近い年代のゲストだけが楽しめるネタでは、年配者からの印象が悪くなってしまいます。 内輪だけで盛り上がって疎外感を感じるようなゲストが出ないように、会場にいるゲスト全員が参加できたり、盛り上がれる内容を目指しましょう。 そのためには、事前の準備や幅広い年代の人に感想を聞いたり、打ち合わせやリハーサルを結婚式ではしっかり行うなどの行動が重要になります。 結婚式余興を依頼されたら、できるだけ早い内にネタを大まかに決めておいて、スタッフを集めて通しで練習ができるようにしましょう。 新郎新婦の希望を第一にすることはもちろんですが、普段から良く会う人、時間をつけて集まりやすい人などでメンバーを組むと、早めに相談や練習ができて本番までに感動できる質に向上させることができます。 スムーズに結婚式余興の準備を進めるためには、新郎新婦との連絡や集合の連絡、歌のリハーサル場所のセッティングなどを行う人、予算や機材などの管理をする人、ムービーを作成する場合には編集や撮影を行う人など、役割担当をきめておくことも大切です。 人任せにしていると、誰かが準備したと思い込んで誰も何もしていないというトラブルになることもありますので、それぞれ得意分野で責任を持ってもらいましょう。

大がかりなほど失敗しやすい結婚式余興

また、必要な小道具や機材などはレンタルすることもありますので、早めに取りまとめてネタをリストアップし、結婚式の当日までに間に合わせるようにしましょう。 結婚式余興のランキングには色々な種類があり、結婚式当日に歌を歌ったりお芝居などをするという感動するタイプもありますし、ムービーをあらかじめ作成して、当日はそれを上映するといったタイプもあります。 また、ゲスト全員が参加できるような結婚式余興もありますので、ゲストの年齢層などを考慮して適切な演出を準備しましょう。 演出の内容としては、誰でも知っている結婚式前後で流行っている一発ネタを結婚式余興でしたり、新郎新婦の生い立ちや出会い、結婚などを編集した歌やムービーを作成したり、結婚式の余興に参加できなかった友人等からのビデオレターを用意したりするというものもあります。 また、新郎新婦の顔写真を業者に渡すことで、まるで新郎新婦が俳優や女優になっているよう波にムービーを作成してくれるようなサービスもありますし、写真の表情を動かして、あたかも新郎新婦が話しているように見せるムービーがあるなど、意外性を楽しむことができるものもあります。

絶対してはいけない結婚式余興のNG行為とは

このように、結婚式余興では色々な準備やネタの情報収集などが感動には必要になります。 仕事の合間に時間を見て集合し、何度も打ち合わせや新郎新婦と連絡を取るなどかなりスケジュール的にも厳しい作業になりますが、大切な友人や同僚の門出を祝うために、これらのポイントを参考にして、ゲスト全員が楽しめ、新郎新婦にとっても思い出に残るような演出を考えてみましょう。 気の合う仲間やまじめなメンバーで組むと、最初のスケジュールをきめるあたりはかなり大変ですが、ある程度プランができたら比較的スムーズに進められます。 もちろん、新郎新婦にはこまめに歌の内容などを伝えて、予算や当日のスケジュール、他のゲストの結婚式余興と見たランキングが同じで重なっていないかなどの細かい確認を取りながら作業を進めていくようにしましょう。 新郎新婦の希望で変更になる可能性もありますので、結婚式の余興はネタの計画の段階で細かい打ち合わせをしましょう。